思い返すと苦い気持ちになる美容外科の求人を通して

就職活動中にある美容外科の求人を見かける

あの美容外科求人を見かけたのは、自分がハローワークで就職活動をしていた時です。
当時の自分は就職難という時代と自身のスキル不足が相まって、応募しても合格できずに就職活動を続けるしかない状況でした。
今ではクラウドソーシングやアフィリエイトなどネットを通じて稼ぐ方法は珍しくないものの、当時は社会に出ていけるような仕事しか稼げないと考えていたものです。
けれども所有している資格やスキルの範囲でも就職できなければ、他の職種にも縋りたくなります。
実際に、自分があの美容外科の求人を見かけたきっかけもそれです。
内容は「未経験者でも可能」と「事務兼受付」だったため、思い切って応募してみました。

求人にあらかじめ「未経験者でも可能」と記載している以上、門前払いをされる心配は少なくともないという事と「事務兼受付」であればやったことがない自分でも大丈夫という判断での行動です。
その甲斐あってか書類選考を突破し、面接できる知らせを受け取った時は安堵と不安で胸がいっぱいになりました。
安堵は無事に書類選考が突破した事でしたが、不安はこれから行う面接と経験による漠然としたものです。
先述したように、自分の就職活動は散々たるものでした。
ほとんどが書類選考で落とされ、たとえ書類選考が通っても面接で落とされるばかりです。

就職活動中にある美容外科の求人を見かける : 書類選考は通ったが面接は落とす前提のようだった : 外見について侮辱された面接の恨みは消せない